Japanese  |  English  |
〒980-8578 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
受付時間:平日9:00~17:00

HOME お問い合わせ 交通アクセス

2004年4月1日付で組織改編により、化学機器分析センターは巨大分子解析研究センターの1部門となりました。
このホームページでは巨大分子解析研究センター内の解析研究部門について紹介しています。
平成24年7月から開始された文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業に参画し、800MHz NMRとICPの共同利用を開始しました。

800 MHz NMRスペクトロメーター 800 MHz NMRスペクトロメーター



センターからのお知らせ
■2021年5月12日
新型コロナウィルス感染拡大防止のための東北大学の行動指針(BCP) レベル2を踏まえた運用のお願い
標記指針を踏まえ、当センターでは常時依頼分析ができる体制を解除し、事前連絡を原則とします。
以下の手続きを厳守してください。
  1. 利用者は分析担当者にメールで事前連絡をし、分析内容やサンプル授受の日程等を調整する。
    各装置担当者の連絡先は →こちら
  2. 測定申込書は財源責任者の承認を得てメール添付で提出する。
    当面の間は利用者の対面を避けるため、測定申込書の捺印は必ずしも必要としないこととします。
    申込書が提出された時点で財源責任者の承認を得たとみなします。
  3. サンプルは原則、学内便や郵送を利用する。
    近隣の方については測定時持参を含め、測定サンプルの提出、返却は各部門の指定場所で指定時間内に行ってください。
  4. 学内便を含めて郵送サンプルは常温で安定なサンプルに限定する。(冷蔵・冷凍が必要なサンプルの受付は中止)
BCPレベルに変更があった場合は内容を更新します。
よろしくお願いいたします。

■2021年05月11日
依頼分析再開のお知らせ
ICP発光分析を再開いたします。測定室は106号室です。

■2020年04月30日
東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度申請様式等変更のお知らせ
標記制度の申請様式につきまして、財源項目を削除しました。これに伴い、一人一度提出していただければ、年度毎、財源毎に提出する必要はなくなりました。(申請要件に変更があった場合は再提出をお願いします。) 受領後、該当者には制度適用期間をメールにてご連絡いたします。
また、実施要領が追記され、今年度より支援額が一人当たり10万円/月(税込み)までとなりました。
詳しくはこちらや下記実施要領をご覧ください。

東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度実施要領

申請書様式(.xlsx)

申請書様式(.pdf)

申請書記入例


■2021年04月30日
工事期間中の運用ページ閉鎖のお知らせ
センター棟改修工事が終了しましたので、工事期間中の運用についてのページを閉鎖しました。
申込方法や申込書ダウンロードは左記メニューよりご確認ください。

■2021年04月16日
依頼分析再開のお知らせ
質量分析装置「JMS-T100GCV」の依頼分析を4月19日から再開いたします。測定室は103号室です。
CHN分析の受付を4月20日から再開いたします。受付場所は102号室、測定室は205号室です。
内装工事等により測定できない場合がありますので、不安定サンプルを申し込む場合は担当者にお問い合わせください。

■2021年03月04日
地震被害部門の依頼分析について
先の地震の被害により損傷した装置のうち、核磁気共鳴、X線構造解析、および質量分析装置「solariX」につきまして、復旧のめどは依然立っておりませんが、 該当装置メーカーの協力を得て測定データが得られるかもしれません。緊急にこれらのデータが必要な場合はお問い合わせください。

■2021年02月16日 (2/18追記)
地震被害による測定休止について
2月13日に発生しました地震の被害により、現在、核磁気共鳴、X線構造解析、ハロゲン・硫黄分析が測定できません。 また、質量分析装置「solariX」は不具合が発生しており、いずれも復旧のめどは立っておりません。
復旧し測定可能になり次第、お知らせいたします。

■2020年08月20日
東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度のご案内
標記制度により、対象となる若手研究者の研究費につきましては、測定料の半額が免除されます。
制度の適用を希望する場合は、実施要領をご確認の上、下記様式にて申請してください。

東北大学若手研究者に係る共用設備利用支援制度実施要領

申請書様式(.xlsx)

申請書様式(.pdf)

申請書記入例

なお、理学研究科所管の財源(所管コードの上2桁が05のもの)につきましては、現状センター内規により半額免除としておりますが、本支援制度との重複は致しません。(対象者は本支援制度により半額免除となり、1/4にはなりません)

■2012年09月05日
   
  
当センターではコンピュータウィルス感染防止のため、USBメモリーを機器制御用パソコンに接続することを禁止します。
電子データが必要な場合は、CD-RやDVD-Rを持参してください。(RWは不可)

理学部・理学研究科以外の所属の皆様へ
理学部・理学研究科以外(学内の他部局および学外)の所属の方は以下の部門に測定依頼する場合、テクニカルサポートセンター(TSC)への利用申請が必要です。
対象部門:核磁気共鳴(700MHz)、質量分析、X線構造解析、ハロゲン・硫黄分析

申請手順についてはテクニカルサポートセンターのホームページをご覧ください。
  →TSC-設備・機器利用システム

サイト更新履歴

■2013年09月25日
測定申込書の様式を更新しました。
  
■2013年05月08日
測定完了報告書の様式を更新しました。
 
■2012年03月29日
装置更新に伴い、部門の紹介、測定依頼の内容を更新しました。
         
■2012年03月01日
職員一覧の内容を更新しました。
■2011年10月12日
800 MHz NMRのページへのリンクを設置しました。
■2011年01月05日
ホームページをリニューアルしました。
■2010年09月01日
職員一覧のメールアドレスを更新しました。
■2009年08月26日
職員一覧の内容を更新しました。
■2008年06月30日
有機微量元素分析、測定終了試料番号一覧のページを設置しました。